スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなで絵画をみよう

素晴らしかった。


kutikitaoshiさん
ゆきまこ非教養講座 琳派の巻 光悦・宗達編前編1


ゆきまこ非教養講座 琳派の巻 光悦・宗達編前編2.



内容は、ざっくり言うと琳派の方々の絵画、およびそこに書かれた手書き文字の構図やスタイルやその意図について、菊地真先生が雪歩にあれこれお話するというもの。
菊地先生チョー賢い。
あと生徒役の雪歩がバシバシわかんないところを分かんないと言ってくれているのが良かった。

自分はせいぜい日本史で習った程度の門外漢なので専門的なことはわからないのですが、かなり詳しく説明してくださっているように思います。
結構難しい漢字や用語を使用なさっていますが、その必要性を感じられるおもしろい、興味深く勉強になることを先生おっしゃってます。
「ほほー」と唸ることもしばしば。
セリフ回しやアイドルの挙動も嫌味なところ、引っかかるところがなく、スルッと動画を拝見することができました。
ハリアーPのネタもほんの少し良い塩梅で入れてきたり、遊び心も忘れていない。

そして自分が最も素晴らしいと思ったのがこの動画自体の構図で、左右の脇にアイドルを小さく配置し、ど真ん中に目に優しいひよこ色の台詞枠、セリフは黒字で大きく。
背景には絵画。
すっごく見やすかったです。
他の資料を見せるときにはサッとその位置のアイドルを移動させそこに表示したり、ガッツリ絵画を見せたい時には台詞枠を消して時間を取ったり、ぶっちゃけた話セリフの内容が良く分からなくてもただ美術品を眺めているだけで面白い、面白く見せる配慮が出来ていると感じました。
邪魔にならないのんびりしたBGMも相まって、「絵が綺麗だな~」と美術館気分で拝見できます。
左右をみれば見慣れたかわいいアイドルたちもいますしw、良い環境だと思います。

余談ですが、僕が見た時は動画説明文やタグに次の動画のsm番号がなく、一話がいきなりぶちっと終わるものだから焦りましたw、幸いにも二話を発見できたので、僭越ながらタグに追加させていただきました。

そしてたぶん一番大事なこと。
一話の動画説明文より、『あと、信じないでください。』、とのこと。
さすがに資料や説明を意図的に違うものにしているということはないでしょうから、考察の部分が独自研究ということなのでしょうか。それはそれですごいと思うのですが。
とりあえず、「こういう見方もあるかもよ」というスタンスで視聴者側も受け取った方が作者様としても気が楽なのではないかと。
それでも十分魅力的なものだと感じました。
というか「学校でペケ」、「印象派から入った」、「構図の安定性や視線誘導の観点が入る」、という入りの時点で只者ではない気配を感じるw。

いいものを見せていただきました。
日本の美術に興味のある方は、一度ご覧になってはいかがでしょうか。
あと、ほほーなるほどとかあれがどーだこれがどーだというコメントがもっと付いて、みんなで鑑賞できたらもっと楽しいだろうな、なんて。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rw

Author:rw
基本的にアイマスニコマスについて
nico http://www.nicovideo.jp/mylist/22759168
youtube http://www.youtube.com/user/rjw3256
vimeo http://vimeo.com/user6998186

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。